元キャリアウーマン現ブロガーさとみんママが七田式教育で天才児を育てるブログ

2歳の娘を持つ、元バリバリ営業キャリアウーマン。現ブロガー。子どもが生まれてから育児と仕事の両立で「時間貧乏」になるのが嫌で、新卒から10年間働いていた会社を辞めちゃった人。産業カウンセラーの資格も保持しており、私のブロガーとしての知識を分け与えて、同じように時間に縛られず幸せに暮らせる女性を増やすべく手助けをしていくのが今の夢。子育てにおいては娘を七田式教育の教室へ通わせつつ子どもの可能性を最大限に引き出してあげることを意識して愛情いっぱいの子育てを実践中。時事ネタも興味あり。

歯磨きに大泣きした1歳の娘と格闘してきた結果…大泣きしていた娘が歯磨き大好きになった理由。

現在1歳9ヶ月の娘。

歯磨きが大好きです!

f:id:datsumouhakase:20170409014644j:plain

 

でもここまでの道のりは苦悩の連続で…

 

正直、大泣きされて歯磨き全くしない(できない)日もザラにあったし、

出来たとしても歯ブラシでちょんちょんちょん!って触っただけ

「これって歯磨きしたっていうのかな?」

的な状態が、もう何ヶ月も続いていました。

 

今は娘もイヤイヤ期なので、本当だったら歯磨きも格闘な状態だと思うのですが…

 

最近、娘は歯磨きが大好きになり、歯ブラシを見せると喜んでゴロンをしてくれるようになりました。

 

今では歯磨きの時間は、娘にとってもママの私にとっても、ラブラブな時間を過ごせる大事なコミュニケーションの時間になりました。

 

どうしてこうなったのか、私が実践してきた方法をご紹介します。

 

1歳9ヶ月になるつい最近までは歯磨き大嫌い&大泣き娘だった

f:id:datsumouhakase:20170409015550j:plain

今1歳9ヶ月の娘ですが、歯の生え始めはすっごく遅くて、1歳目前にしてやっと2本生えてきたくらいでした。

 

だから、人よりもずっと遅く、歯磨きスタートになったんです。 

 

1歳児検診のときも、歯が全然生えていなかったので、何となくやり方を教わって終わり!でした。

 

でもそこから急激に歯が生え始めて、1歳2ヶ月頃には生えそろってしまい。

 

やばいな・・・いよいよちゃんと歯磨き考えないと・・・

と思ってはいたのですが、なんせ月齢を重ねるごとにおっぱいへの執着が激しくなり、超頻回授乳になってしまったので、正直歯磨きどころではなくなりました。

 

超頻回授乳に私の体力・気力が限界になり、1歳2ヶ月で断乳を決意して実施。

www.satolog.link


1歳児検診でも、特に寝る前と就寝時の授乳は今後控えていくようにって言われて。

 

1歳2ヶ月で断乳して、おっぱいからご飯生活に変わったので、ここから歯磨きと格闘する日々が始まりました。

 

そうして…

徐々に色々な方法を試した結果、1歳9ヶ月になった今では歯ブラシ大好き娘になりました。

 

早いほうかな?!ふう~。これで子育てのバタバタの大変さも1つクリアです(笑)。

 

 

1歳の娘が歯磨き大好き娘になるために私が実践したこと・有効だった方法のまとめ

それでは娘の歯磨きのために私が実践したことをまとめます。

これ全部やらなきゃいけないの?と思うかもしれませんが…

別に全てをやる必要はないかな?

 

あれこれ試行錯誤していたら、気が付いたらこんなにも色々な方法を試してた!っていう感じです。

 

1:真似したがりの娘だから…歯磨きしているお友達の動画を見せる

これが一番効果のあった方法です。

「おかあさんといっしょ」でも、「はみがきじょうずかな?」というコーナーがありますよね!

 

これを娘が見ているときは、必ず私も歯ブラシを娘に猛ダッシュで届け(笑)、娘がお兄ちゃん・お姉ちゃんの真似っこが出来るようにしたのです。

 

このコーナーですね↓


はみがきじょうずかな

 

また、ベネッセから届いた「こどもチャレンジプチ」の案内に同封されていた無料体験版DVDにも歯磨きコーナーがあって、これも娘が大好きでよく見せていました。

もちろんこのときも、DVDの真似っこで、ママの私は歯ブラシをダッシュで娘に届けていました!(笑)

 

この動画です!↓


はみがきやってみよう<こどもちゃれんじぷち>しまじろう shimajiro

 

とにかくお兄ちゃん・お姉ちゃんを真似をしたがる時期なので、その習性を利用して(笑)、歯磨きさせたければ歯磨きをしている映像を見せる!

 

それで娘も「オンナジ オンナジ!」「イッショ イッショ!」と喜んでくれる時も多かったです。

 

2:歯磨きの絵本・動画で頭の中を歯ブラシ浸けにする?!

とにかく歯磨きに興味を持ってもらいたかったので、

ありとあらゆる方法で歯磨きを身近なものにしました。

 

まずは絵本。

なぜかいつも娘の目に留まるところに置いてある、歯ブラシ絵本(私がいつも出している笑)。

 

常にこの2冊が、娘の視界に入る(笑)、

そうして気が向くと「読んで~」と持ってきてくれました。

 

はみがきれっしゃ、しゅっぱつしんこう!

 

女の子なのに何故か電車が好きな娘。

この本を読むまでは歯ブラシに苦戦していましたが、この本を読むようになってからは、本を飲むと「歯ブラシ!」と訴えてきてくれるようになりました。

 

特に、歯に詰まっていたものが取れた!というページでは、

2人でやったー!!!って喜びます。

 

歯磨きで苦戦していた我が家では神的な絵本です!

 

楽天はコチラから➡はみがきれっしゃしゅっぱつしんこう! [ くぼまちこ ]

Amazonはコチラから➡はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

 

はみがきあそび

 

大人気「きむらゆういち」さんの絵本シリーズです。

娘はこのシリーズの「いないいないばああそび」だ大好きだったので、

はみがきシリーズも投入。

 

はみがきれっしゃの方が好きなようでしたが、気分転換にこちらの絵本も結構読み聞かせてあげました。

 

楽天はコチラから➡★ラッピング&送料無料★『はみがきあそび』

Amazonはコチラから➡はみがきあそび (あかちゃんのあそびえほん)

 

動画はこの動画をiPadで見せていました。

大好きで、何回もリピートして見ていました。


はみがきのうた《東京ハイジ》

 

ちなみに、iPhoneやiPadでYouTubeの動画をみせるときは、

動画をあらかじめダウンロードして保存し、オフラインで見せるのがお勧めです!

 

子どもってYouTube大好きじゃないですか。

でも渡したら最後、あれこれ動画を変えまくって、見てほしい動画は見てくれない!

気が付いたらいっつもアンパンマンのおもちゃの動画見てる…

 

となるので、私は観てほしい動画を予めダウンロード・保存しておき、その動画だけを見せるようにしているんです。

アプリのダウンロードがいりますが、この方法は使えるのでお勧めです!

 

 

3:味のある歯磨き粉に変えた。

変な味のする歯磨き粉だと、それだけで嫌がりますよね…

うちは何種類が歯磨き粉を試したのですが、これが一番ヒットしました。

 

 楽天はコチラから➡ハモリン ぶどう味(30g)[歯みがき]

 

お気に入りの味が見つかると、娘も「ヤッタ!」という感じで目を輝かせて、歯ブラシを欲しがります。

 

でも歯磨き粉って、本当は味わうものじゃないし、飲んじゃって平気なの?と心配になりますよね。

 

調べたところ、大人用の歯磨き粉は泡だつし味もミント味とかで美味しくないので子どもには不向きだそうですが、赤ちゃん用や小児用のジェルタイプの歯磨き粉のジェルは誤飲しても安全なように発泡剤や研磨剤が入ってないものとなっているので大丈夫だそうです!

 

もちろん、食べる用ではないので歯磨き粉は出来ればガーゼでふきた方がいいのですが…この、ガーゼはまだ娘も嫌がるので出来ていません(泣)。

 

ちなみに、歯ブラシもアンパンマンの絵が描いてあるものに変えました。

 

子どもも、「形から入る」と結構テンション上がってやる気になるようです!

 

4:歯磨きを嫌がったら、ゴロンして歯磨き体勢を作るだけでOK。そしてママの変顔登場。

先輩ママたちから、「歯磨き上手に出来てなくて、大きくなってから仕上げ磨きのゴロンの体勢を作るのに苦労した!」という話を聞いていたので、

ゴロンを嫌がらないようにする練習をしました。

 

おかあさんといっしょの歯磨きコーナーや、しまじろうのDVDを観ながらゴロンを真似てみる。

歯ブラシを嫌がらなかったら、そのまま歯ブラシ。

 

嫌がったらもうその体勢をとったまま、こちょこちょくすぐって笑ったり、

ママがちょっと変顔して笑わせたり。

 

娘が笑ってくれるなら、変顔だって頑張っちゃいます!

 

この積み重ねで、今では娘はこのゴロンが大大大好きになりました。

歯磨きのゴロンの時間は、大事な親子のスキンシップの時間になっています。

 

最初は歯医者でお世話になってフッ素加工してもらってました

f:id:datsumouhakase:20170409025229j:plain

今では歯磨き大好きな娘でも、ここまでくるのに約半年…。

1歳9ヶ月で歯磨き大好きなら良い方だとは思いますが、約半年間も、

あまり歯ブラシが出来ていない状態が続いていました。。

 

今は医療証を持参すれば、たいていどこの歯医者でもフッ素加工を無料でしてくれるので、3ヶ月毎に通ってフッ素加工をしてもらっていました。

 

また、歯医者さんから、2歳くらいまでは口の中の虫歯菌が少ないから、虫歯になる心配は少ないことを聞いていたし、

歯磨きが難しければ、ジュースは控えてお茶を飲ませればいいと言われていたので、「ま、それでいっか」とそんなに心配していませんでした。

 

でも、1歳8ヶ月のときに歯医者さんに行ったら、歯の生え際に歯垢が溜まっていることを指摘され、歯ブラシでチョチョチョン!と磨いたら歯茎から出血。

 

ちゃんと見ないとわからなかったのですが、生え際の歯垢が歯槽膿漏の一歩手前を引き起こしてたんです。

 

ああ~。やっぱりちゃんと磨かなくきゃダメだわ。

と反省したママなのでした。

 

今子どもの歯磨きに困ってるママへ。

とにかく歯ブラシを身近なものにして、楽しいものにする。

そうすると、段々歯磨きに抵抗がなくなるかもしれません!

 

私もこれからも、歯磨きの時間は親子の大事なスキンシップの時間になるように、

私もときに変顔を頑張りながら、楽しい歯磨きタイムを作っていきたいと思います。